2011年08月26日

ブルーベリーの果実が持つ機能特性

人間の眼の網膜にはタンパク質と結合したロドプシンという紫色色素体があります。

このロドプシンが光の刺激で分解と再合成を繰り返すことによって人は物が見える

と感じるのですが、ブルーベリーに含まれるアントシアニンはわずか1万分の4秒と

いう驚異的な速さで行われるこの分解と再合成の速度を活性化させる働きをもって

いるのです。そこでブルーベリーを食べると眼精疲労の予防や回復、視力の回復な

どに効果があります。眼をよくするために必要なブルーベリーの1日当たりの摂取

量は生の果実なら1日に20〜30粒で4時間後に現れ24時間でその効果が消失

すると言われています。
posted by kissie at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルーベリーのすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。